こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

ファイザー・ビオンテック社のワクチンは、特別なシリンジ・針を使うと5回分ではなく6回分あるのでしょうか?

       

更新日:2021.02.14
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

米国で2020年12月1日にファイザー・ビオンテック社のワクチンが緊急使用許可された当初、一つのバイアル(瓶)はワクチン5回分が入っているとされていました。実際の接種が開始されてから、特別な「死腔の少ないシリンジ・針」を使用することで、5回ではなく6回分、分取して接種できることが明らかになりました。ファイザー・ビオンテック社のワクチンは各バイアルに0.45mLが入っており、これを解凍し1.8mLの生理食塩水で希釈した後、接種されることになります。1回の接種が0.3mLであるため、死腔の少ないシリンジ・針を使うことで、計算上は6回、7回分とれる計算になります。これを受けて、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、説明書を1バイアル6回分と修正しました1)しかし、米国のワクチン接種現場でも死腔の少ない特別なシリンジ・針は、もともと供給量が少ないため、必ずしも接種現場で、一つのバイアルから6回接種できているわけではありません。日本の添付文章には「希釈後の液は6回接種分(1回0.3mL)を有する。デッドボリュームの少ない注射針又は注射筒を使用した場合、6回分を採取することができる。標準的な注射針及び注射筒等を使用した場合、6回目の接種分を採取できないことがある。1回0.3mLを採取できない場合、残量は廃棄すること。」と記載されています2)

Dr William Zule – Modeling the effect of high dead‐space syringes on the human immunodeficiency virus (HIV) epidemic among injecting drug usersの図を一部改編

  1. Letter Granting EUA Amendment (01/06/2021)
  2. コミナティ 添付文書