こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

ワクチン接種したら感染予防策をやめてもいいですか?

       

更新日:2021.02.21
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

mRNAワクチンについては、無症状の感染も防ぐ効果があることを示唆するデータが出てきています。しかし、ワクチンの接種によりどれくらい集団の中で感染の広がりが抑えられるかはまだ十分に明らかになっていません。米国CDCはワクチン接種後も公共の場所ではマスク、手洗い、ソーシャルディスタンシング等の基本的な感染予防策を続ける必要があるとしています1)。一方で、mRNAワクチンを2回打ってから2週間が経過した人は、十分な免疫がついたと判断され、いくつかの感染予防策を緩めることができると発表しています。例えば、ワクチンを打った人同士であれば、マスクを付けずに会ってもよいことになりました。また、ワクチンを打った人とまだ打っていない人であっても、「ワクチンを打っていない人が一世帯に所属するのであれば(同じ家に暮らしている人たちだけの場合)」、マスクの着用なしに会うことが可能と発表しています。このような感染予防策に関する推奨は、国ごとのワクチン接種率や感染流行状況などによって決定されると考えられます。また、ワクチンを打ってすぐにこういった感染予防策を緩めていいわけではなく、免疫がしっかりつくまでには時間がかかることには注意が必要です。

  1. CDC. Frequently Asked Questions about COVID-19 Vaccination