こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

6-3 1回目と2回目で違うmRNAワクチンを接種しても大丈夫ですか?

       

更新日:2021.02.22
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

 2つの異なるmRNAワクチンを使った場合の効果については、今のところ検証されていません。米国CDCは、臨床試験のやり方に沿って同じワクチンを接種することを推奨しています1)

 一方、1回目にアストラゼネカ社のベクターワクチンを打った方に2回目にファイザー社ワクチンを接種した場合、2回ともアストラゼネカ社を接種した方に比べて高い免疫効果(抗体価)を得られることを示唆する研究が出てきており2)、1回目にアストラゼネカ社ワクチンを接種した方に対し2回目の接種を mRNAワクチンにより行うことを認める方針が複数の国で示されています3,4)

 ただし、発熱や頭痛などの副反応の頻度はこうした組み合わせ接種で若干増加することが報告されています4)。現状では日本においてはこうした組み合わせ接種は推奨されていませんが、今後アストラゼネカ社ワクチン接種者に対する mRNAワクチンの接種が検討される可能性はあります。

  1. CDC. Interim Clinical Considerations for Use of mRNA COVID-19 Vaccines Currently Authorized in the United States
  2. Nat Med. 2021. doi: 10.1038/s41591-021-01449-9
  3. National Advisory Committee on Immunization, Canada. Recommendations on the use of COVID-19 vaccines.
  4. Lancet. 2021; 397(10289):2043-2046