こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

5-7 授乳中の女性はmRNAワクチンを接種できますか?

       

更新日:2021.02.19
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

 授乳中の方も、新型コロナワクチンのmRNAワクチンを接種することができます1)。mRNAワクチンを接種して4~48時間経過した7名のお母さんの母乳を複数回調べた結果、母乳にmRNAが検出されなかったという報告があります2)。また、もし母乳の中に多少含まれていたとしても殆どが胃酸で分解され、もし吸収されても赤ちゃんに影響を与える可能性は低いと考えられています2,3)

 授乳中にmRNAワクチンを受けた方の母乳を調べた研究では、母乳中に新型コロナウイルスに対する抗体(IgAおよびIgG)があることが確認されています。こうした抗体が、授乳中の子供を感染から守る効果があることが期待されています3,4)

 

  1. CDC. Vaccination Considerations for People who are Pregnant or Breastfeeding
  2. JAMA Pediatr. doi:10.1001/jamapediatrics.2021.1929
  3. Academy of Breastfeeding Medicine. Considerations for COVID-19 vaccination in lactation. ABM Statement.
  4. JAMA. doi:10.1001/jama.2021.5782
  5. American Journal of Obstetrics and Gynecology DOI: 10.1016/j/ajog.2021.03.023