こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

ワクチンは無症状の感染を防いでくれますか?ワクチンの接種後に自分が感染してしまっても、他の人にうつしてしまう可能性は低くなりますか?

       

更新日:2021.02.21
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

ワクチンが、無症状の感染を減らすことが複数の研究で明らかになってきています1)モデルナ社のワクチンの臨床試験では、1回目と2回目の接種前に一部の人にPCR検査を実施していて、2回目の接種の時に、無症状でPCRが陽性だった人がワクチン群の方が少なかった(ワクチン群14人 [0.1%] vs. プラセボ群38人 [0.3%])ことが分かっています2)ファイザー・ビオンテック社ワクチンに関しては、イスラエルで約60万人のワクチン接種者を解析した研究から、2回目の接種から7日以降では、無症状の感染を90%防ぐ効果が示唆されています3)。さらに、米国CDCの研究から、ファイザー・ビオンテック社およびモデルナ社のmRNAワクチンの接種によって、2回目のワクチン接種から14日以降では、無症状感染を含む90%の感染を防ぐ効果が報告されています4)

ワクチンを受けた人が感染してしまった場合、どれくらい他の人にうつす可能性が低くなるかについては、今調べられている段階です。無症状の感染自体を防ぐ効果がある可能性が高い以上、他人にうつす可能性も下がることも期待されていますが、ワクチンを受けた後でも、しばらくはみんなが協力してマスクや3密を避けるなどの基本的な感染予防行動を続けることが大切になります。

 

 

  1. CDC. Science Brief: Background Rationale and Evidence for Public Health Recommendations for Fully Vaccinated People
  2. FDA. mRNA-1273 Sponsor Briefing Document Addendum Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee Meeting Date: 17 December 2020
  3. N Engl J Med. 2021;February 24. doi: 10.1056/NEJMoa2101765
  4. Interim Estimates of Vaccine Effectiveness of BNT162b2 and mRNA-1273 COVID-19 Vaccines in Preventing SARS-CoV-2 Infection Among Health Care Personnel, First Responders, and Other Essential and Frontline Workers — Eight U.S. Locations, December 2020–March 2021