こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

これから妊娠を考えている女性にmRNAワクチンを接種しても大丈夫でしょうか?

       

更新日:2021.02.16
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

mRNAワクチンで、不妊にはなりません。米国CDCは、mRNAワクチン接種の前に妊娠検査を行うことや、ワクチンのために妊娠を遅らせる必要はないとしています1)。米国家庭医療学会は、mRNAワクチンは不妊とは関連がないとしています。以前ファイザーに勤めていた研究者が、ワクチン接種で女性が不妊になる可能性があるのではないかと主張しインターネットで拡散されました。ワクチンによって体の中で作られるスパイクタンパク質(新型コロナウイルスの表面の突起物)に対する抗体が、胎盤にあるシンシチン-1というタンパク質にも反応してしまう可能性があるという主張でしたが、実際にはこれらのタンパク質はほとんど全く似ていないため、ワクチンによってできる抗体が胎盤を攻撃することはないと考えられています。実際にファイザー・ビオンテック社やモデルナ社のワクチンを接種した女性がその後、妊娠していることも報告されています。以上より、mRNAワクチンによって不妊が起こるという情報は科学的根拠が全くない誤った情報です。

 

  1. CDC. Vaccination Considerations for People who are Pregnant or Breastfeeding
    American Academy of Family Physicians. COVID-19 VACCINE FAQ