こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

日本人における副反応の頻度について教えて下さい

       

更新日:2021.02.18
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

2021年2月14日に特例承認されたファイザー社ワクチン「コミナティ」の添付文書によりますと、日本人160例(本剤接種群:119例、プラセボ接種群:41例)を対象に調査が行われ、2回目の接種後の注射部位の疼痛は79%、疲労60%、筋肉痛16%、発熱33%とのことで、ほとんどは内服薬で改善し日常生活に支障をきたさない程度(Grade 2)まででした。なお、発熱の頻度が米国の臨床試験より高いことは、対象となった方の数が違うことに加え、発熱の基準が日本では37.5℃以上と米国の38.0℃より高かったことが関連している可能性があります。体温の測定方法も異なると考えられます(口腔内 vs 腋窩)。

また、コミナティ先行接種者2万人を対象とした、健康調査報告が厚生労働省ホームページに掲載され、適宜更新されております2)

  1. コミナティ 添付文書
  2. 厚生労働省 新型コロナワクチンの接種後の健康状況調査