こびナビ

「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。 こびナビとは

4-6 mRNAワクチン接種後、遅れて起きる腕の赤み・腫れ(「モデルナアーム」や「COVIDアーム」)について教えて下さい。

       

更新日:2021.02.19
二次利用について:当サイトに存在する、文章・画像・動画等の情報について、正確な情報を伝達する目的で、改変せず使用する場合に限り、二次利用いただけます。

mRNAワクチン接種後、数日後から1週間後くらいに遅れて生じる接種した腕のかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みを伴う遅発性の局所反応が報告されており、COVIDアーム(またはモデルナアーム)と呼ばれています1,2)。この反応は、T細胞という免疫細胞が反応することにより起こる炎症と考えられています。 ファイザー ・ビオンテック社ワクチンでも起こりますが、殆どがモデルナ社のワクチンで報告されています3)。頻度は稀(モデルナ社ワクチンの第3相臨床試験では1回目の接種後0.8%、2回目の接種後0.2%)であり4)、不快ではありますが、それ以外は健康に害はなく、自然によくなります。1回目接種後にこのような遅発性の局所反応が出た場合でも、基本的には2回目を受けてもよいとされています。

発疹が痒い場合は冷やす、抗ヒスタミン剤の内服やステロイドの軟膏を、痛みが酷いときはアセトアミノフェンやロキソニン、イブプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)の内服を検討しましょう1)。症状がひどい、または数日経過しても軽快しない場合は皮膚科医に相談しましょう。

 

  1. CDC. What to Do If You Have an Allergic Reaction after Getting a COVID-19 Vaccine. 
  2. ​​N Engl J Med. 2021; 384:1273-1277
  3. J Am Acad Dermatol. 2021;85:46-55.
  4. N Engl J Med. 2021;384:403-416.